Durisolとは?

会長挨拶

日本初 外壁材使用可能
木材チップ軽量コンクリートECO WOOD誕生


 Durisol社の製造するECO WOOD軽量コンクリートは耐火性が高く、腐食することなく、耐久性能に優れ価格も安く環境や経済面において高く評価できる商品と自負しております。
 製品特性により吸音性能も高く、外壁材として使用できる事から西・中・東等各高速道路会社の定める吸音性能基準も合格し遮音壁として採用されております。
 本製品最大の特徴は軽量コンクリートでありながらも強度が出る所にあります。
 弊社製品は木材チップを骨材とした軽量コンクリートです。木を構造材として用いることでカーボンオフセットを実現し、製造時のCO2排出削減に貢献します。
 遮音壁・建築材として使用すれば環境問題の1つであるヒートアイランド現象に効果があり、コンクリートにはない高い吸音性を有しているため、建造物の内部結露もせず道路騒音環境・地球温暖化対策双方にも貢献いたします。

新事業・木質バイオマス発電所(木材利用促進法の観点より)


 デュリソルは廃材(再生不可)や生ごみも環境に貢献する仕組み作りを致します。
 この度、日本電力
と組んで米軍が開発した間伐材チップガス化炉発電設備の販売等を開始いたします。
 当社は木材チップを再生することにより、社会に貢献する事業を進めてまいりました。一概にチップと言っても色々な種類の雑木や・状態があり全ては合理的に再生されません。
 処理の難しいチップや廃材等を原材料として小型バイオマス発電所の燃料として利用し、生活・生産の場に使用する事業を提案いたします。
 概略は300kw/日、チップ使用量約10トン/日の設備となっております。
 デュリソルは合理的な木材チップの再利用を、日本の皆様に進める企業として邁進していきます。